必要な自己資金の金額

細かい条件について学ぼう

特定の条件を満たしていれば、資金サポートを受けられる可能性があります。
具体的にどのような人なのか、また自分が条件を満たしているのか確認してください。
資金が足りないなら、積極的に相談することをおすすめします。
ずっと資金不足を気にしていると、起業のチャンスを逃してしまいます。
ただ資金がゼロの人は、資金サポートを受けられないことが多いので覚えておきましょう。

また自分が持っている自己資金によって、最大で融資してもらえる金額が変わります。
自己資金が少ないと、借りられる金額も少なくなってしまいます。
さらに、何が自己資金に含まれるのか把握してください。
以前勤めていた会社を辞めた時にもらった退職金は自己資金として認められますが、タンス預金や親から贈与してもらったお金は自己資金に含まれません。
自分が持っているお金が、本当に自己資金なのか確かめましょう。

資金サポートを申し込む際は、創業計画書を提出してください。
これがないと無計画で会社を始めようと思っていると判断され、こちらの信頼を失ってしまいます。
そのため、起業したいと思ったら早めに創業計画書を作成しましょう。
無事に資金サポートを受けるためには、信頼されることが重要です。
会社を設立してどのような事業を行いたいのか、またその事業が、社会にとって何の役に立つのか説明しましょう。
具体的にまとめることでこちらの熱意と計画性があることが伝わり、審査を通過できます。