必要な自己資金の金額

申し込む時に必要なもの

情報をたくさん記載しよう

資金サポートを申し込んだ時は、必ず創業計画書の提出を求められます。
その時に慌てないよう事前に計画を考え、書類に記載しておきましょう。
会社や責任者の名前といった基本的な情報はもちろん、創業する理由やそのために必要な資金額、資金調達方法を書かなければいけません。
やりたい事業があるなら、その事業内容を詳しく書きましょう。

事業が成功することでこのぐらいの利益を得られるという、予想を書くことも大事です。
また事業が社会全体のためになっているとアピールするのもおすすめなので、書き方を工夫してください。
具体的な計画があり、事業も社会貢献になっているとわかってもらえたらこちらの印象が良くなり、無事に審査を通過できます。

丁寧に書くことが大事

汚い字では、読む気がなくなります。
また内容が伝わらないので、どんなに説明が豊富でも資金サポートを断られてしまいます。
丁寧な字で書くことが大切だと理解し、ゆっくり創業計画書を作成しましょう。
早く資金調達をしなければいけないと焦ると、字が汚くなります。

資金が足りなくなってから申し込むのではなく、足りなくなりそうだと思った時点で資金サポートを申し込む準備を始めましょう。
すると時間がたっぷりあるので、書類を丁寧に書けます。
書類は、黒のボールペンで書いてください。
鉛筆や、それ以外の筆記用具は使えません。
また文字を間違えた時に黒く塗り潰したり、修正液を使ったりするのは印象が悪いです。
面倒でも新しい紙を用意し、最初から書き直しましょう。